【岩佐亮佑が再び世界へ】|RONER注目選手

 RONER注目選手、セレススポーツジム所属の元IBF世界Sバンタム級王者の岩佐 亮佑(イワサ リョウスケ)選手をピックアップ、アマチュア高校三冠達成し、2008年8月2日プロデビュー、2011年11月日本王座獲得、2013年12月東洋太平洋王座獲得、2017年9月IBF世界スーパーバンタム級王座獲得、2019年2月16日に米国でIBF世界スーパーバンタム級挑戦者決定戦をセサール・フアレス(メキシコ)と試合予定。

 再び世界へ挑戦する岩佐 亮佑(セレス)選手のインタビュー・選手情報・動画情報をご紹介します。
 

選手プロフィール:岩佐亮佑


デビュー:2008年8月2日
所属:セレススポーツジム
通算成績:28戦25勝(16KO)3敗
生年月日:1989年12月26日(29歳)
出身:千葉県柏市
スタイル:サウスポー
ランキング・etc:
アマチュア戦績:66戦60勝(42KO・RSC)6敗
高校三冠達成(習志野高校)
2010年最強後楽園優勝・MVP
元日本バンタム級王者
元OPBFバンタム級王者
元IBF世界Sバンタム級王者
IBFスーパーバンタム級3位

インタビュー1問1答:岩佐亮佑

岩佐亮佑(セレス)選手にRONERがインタビューした1問1答をご紹介します。

中学2年の時に地元のセレスジムでボクシングを始めたきっかけは?

元々空手をやっていて格闘技が好きで、当時野球部だったんですが、野球にあきてしまってた時にセレスジムが柏に出来てすぐ入門しました。

1週間の練習時間は?

週6ジムで週2でフィジカルに行ってます。

自分で自分ボクシングスタイルを説明してください

ボクサーファイター。

得意なパンチは?

アッパー系。

最近スパーリングで印象的だった選手は?

勅使河原 選手、タイミングが独特。

今までの試合で一番印象的だった試合は?またその理由は?

イギリスの世界戦、全てが始めてで日本の狭さを感じたから(2015年6月リー・ハスキンス戦)

あなたのPFP(パウンド・フォー・パウンド階級無視ランキング)トップ5は?

1.ロマチェンコ 選手
2.カネロ・アルバレス 選手
3.ゴロフキン(GGG) 選手

憧れのボクサーは?

マルコム・ツニャカオ

休みの日は何をしますか?

車をいじる、ドライブ、洗車!

RONERトランクスの出来栄えはどうですか?

デザイン性とバランスの良さ!

選手写真:岩佐亮佑


画像提供:ボクシングモバイル・本人提供画像
※画像タップで拡大画像が観覧できます。拡大画像の左端右端にネクストバックボタン機能があります。

選手動画:岩佐亮佑

岩佐亮佑ハイライト動画集のご紹介。

選手SNS:岩佐亮佑

岩佐亮佑 選手のSNSやWEBサイトをご紹介。
→ 岩佐亮佑 オフィシャルサイト

→ ブログ 岩佐亮佑 選手

→ ツイッター 岩佐亮佑 選手

  1. 大保 龍斗
  2. 利川聖隆(横浜光)画像提供:ボクシングモバイル
  3. 栗原慶太(一力):RONER注目選手

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP